自然発見倶楽部(TOP)

 全国の滝一覧 関東の滝甲信越の滝東海の滝滝に見る日本の心滝に関する本

 

茨木の滝 

袋田の滝

(大子町)
  滝のみどころ 久慈川の支流、滝川上流の袋田の滝は、日本三大瀑布の一つであり、落差120m、幅73mの巨大な滝である。大岩壁を四段に流れ落ちることから、「四度の滝」とも呼ばれている。別の説では、弘法大師が四度の護摩修行をした伝説によるともされている。滝の正面に観瀑台があり、下の二段しか見られないが、黒味がかった岩肌と水が織成す白糸のコントラスト、キラキラ輝く水しぶきは美しい。四季をとおして美しく、特に紅葉の季節の色彩のコンビネーション、厳冬期の氷瀑もすばらしい眺めである。
     
  見る・遊ぶ 奥久慈の大子には、由緒ある寺院が多く、七福神巡りができる。きっと福運の神々があなたを迎えてくれます。七福神巡りの順番は、長福寺(寿老神)、龍泰院(布袋尊)、実相院(福禄寿)、慈雲時(大黒天)、高徳寺(恵比寿)、性徳寺(毘沙門天)、永源寺(弁財天)となっている。
    少し離れるが、竜神ダムの上に架けられた竜神大吊橋は、長さ375m、高さ100mあり、歩道専用の吊橋としては日本一長い。美しいV字型の竜神峡を一望できると共に渡りきった側からは、竜神峡を散策するコースへ降りることができる。(料金¥310、8:30〜17:00)
     
  行き方 車:常磐自動車道那珂ICを降りて、国道118号、461号を経て約1時間10分           
    電車:JR水郡線袋田駅下車。又は常陸大子駅から袋田の滝行きバスに乗り、袋田の滝下車、約15分。
  駐車場 周辺に有料駐車場あり
  問合わせ 大子町観光協会、TEL.02957−2−0285
     
    日本三大瀑布の一つ、袋田の滝
           

自然発見倶楽部(TOP)

  全国の滝一覧 | 関東の滝 | 甲信越の滝 | 東海の滝 | 滝に見る日本の心 | 滝に関する本