自然発見倶楽部(TOP)

 全国の滝一覧関東の滝甲信越の滝東海の滝滝に見る日本の心滝に関する本

 

東京の滝  

払沢の滝

(檜原村)
  滝のみどころ 瀬戸沢にかかる滝で、落差約60m、奥行きが50mあり四段に流れ落ちていてる。日本の滝100選にも選ばれており、深い山合いにある風情は深山幽谷の趣きを伝る。周辺の木々により、最下段の滝しか見えないが、その落差は26mあり、深い滝壷を作っている。滝壷はエメラルド色の水たたえており、大蛇が住んでいたという伝説もあったとおり神秘的な姿を見せている。夏の深い緑、紅葉、冬の氷瀑と四季をとおして楽しめる。
     
  見る・遊ぶ 近くの養沢には、大岳鍾乳洞がある。全長300mで、みごとな鍾乳石を見ることができる。バス停大岳鍾乳洞乳入口下車、25分(入洞料¥500、9:00〜18:00、冬季9:00〜16:30、無休、TEL.042-596-2326)。また、この鍾乳洞の近くには、三ツ合鍾乳洞がある。こちらは全長約100m。
     
  行き方 車:中央自動車道八王子ICを降りて、国道411号、五日市街道を経て約1時間           
    電車:JR武蔵五日市駅から西東京バス払沢の滝入口、小岩、数馬行きバスに乗り、払沢の滝入口で下車、約30分。徒歩で約15分。
  駐車場 有り
  問合わせ 檜原村観光協会、TEL.042−598−0069
           
   

 払沢の滝に行く途中の小さな滝

      周りの木々たち

 

 深山幽谷の趣を伝える払沢の滝

       
     


自然発見倶楽部(TOP)

  全国の滝一覧 | 関東の滝 | 甲信越の滝 | 東海の滝 | 滝に見る日本の心 | 滝に関する本