自然発見倶楽部(TOP)

 全国の滝一覧関東の滝甲信越の滝東海の滝滝に見る日本の心滝に関する本

 

 長野の滝

 米子大瀑布(須坂市)
  滝のみどころ 米子大瀑布は、根子岳と四阿岳(あずまだけ)をそれぞれ源流とする米子川、四阿岳の切り立った柱状節理の岩壁に並んでかかる不動滝(落差85m)、権現滝(落差75m)の総称である。轟音をたてて落ちる流れは豪快で、日本の滝100選にも選ばれている。権現滝は直ぐ側まで行くことができ、舞い上がる水しぶき、音などの迫力を五感で感じることができる。遊歩道が整備されており、小高くなった対岸からこれら二つの滝を見ると壮大な気持ちになる。滝の近くには米子不動尊があり、古くから修験者の禊の場として夏には行者の姿が見られる。
     
  見る・遊ぶ 須坂には江戸時代の豪商であった田中家博物館がある。須坂藩の御用達を務め、北信濃随一の財力を持っていた田中家に伝わる所蔵品を土蔵を改装した展示室に展示している。安土桃山時代の屏風、江戸時代の磁器・漆器、大正時代の玩具などがある。(入館料¥600、9:00〜17:00(4〜11月)、9:30〜16:30(12〜3月)、火曜日定休、祝日の翌日休館)
     
  行き方 車:長野自動車道須坂長野東ICを降りて、国道403号、406号、県道349号、林道を経て約40分。駐車場から徒歩約20分           
    電車:長野電鉄須坂駅を降りタクシーで約40分。
  駐車場 有り(無料、約70台)
  問合わせ 須坂市商工観光課(TEL.026−245−1400)、
    須坂市ホームページ観光案内
       
     
  豪快に落ちる権現滝 轟音をたてて流れ落ちる不動滝  
           

自然発見倶楽部(TOP)

  全国の滝一覧 | 関東の滝 | 甲信越の滝 | 東海の滝 | 滝に見る日本の心 | 滝に関する本